トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

1999年、家の新築と同時に薪ストーブがやってきました。バーモントキャスティング社のレゾリュート・アクレイムです。もともとは配偶者が積極的に導入したもので私は大して興味がなかったのです。1年目はストーブ屋さんに薪を頂き、週末に細々と焚きました。2年目はストーブ屋さんの指導のもとクスノキを入手してほぼ毎夕点火。ただいま新しいチェーンソー、防護ブーツなどなど「薪取りアイテム」が増えていっております。 そして2010年2月、本格的に田舎暮らしを始めました。薪ストーブも一緒に移住しております。今もなお「薪のソムリエ」目指して修行中の身です。

ブログ

FBM2017

11年ぶりにFBMに行ってみました。大阪単身赴任中なので名古屋でWIFEと合流し、A180で長野へ。
今年のFBMは台風の接近の影響もあって結構な雨ということもあって午前中で撤退しました。
短い時間で見つけた気になった車たち。

並行輸入のクリオのワゴン。マイナーチェンジ後のモデル。

グリメタンのノーマルカングーとグランカングー
ソリッド色のカングーのラインナップ減少しているので珍しい組み合わせだな。

ルーテシア2のRS
コンパクトで運転している感覚が好きな車。5人乗車できるし、普通に使えるのも魅力。
この車はボンネットはカーボンなのか??中古でも程度の良いノーマルは少なくなったなあ。

ベルサティス ルノーの高級車。現行モデルではこんなの無くなったなあ。

プジョー406sport
映画Taxiで有名になった車。形が綺麗なので大好き。

そして今回一番気になったルノー車(笑)



ダイハツのハイセットトラックダンプ仕様をルノー調にモデファイ。フレームまで黄色に
塗っているので本格的にやっているなあ。チェンソーメーカーのスティールのステッカーも
貼ってあり、薪運搬車として魅力的でした。

 来年のFBMは晴れて欲しいなあ。

Mercedes−Benz A-Class A180

フレンチブルーミーティングへ参加するために名古屋〜長野間の足に借りました。
車両価格で300万円をかろうじて切るA180です。現在は受注生産モデルとなっています。

まずナビの使い方が日本のナビと違ってタッチパネルではなく、ボタンで操作。
番号入力も大変〜。

 

センターの操作ボタンは日本語表記なのでわざわざ日本用に作っているのねえ。
シートヒーターのスイッチは使いやすい。エアコンは左右独立でなく、共用。

メータはこんな感じ。水温計が付いているのは立派。最近の自動車、水温計付いている車種少ない。
アイドリングストップ機能付き。
真ん中の小さな液晶モニタはアダプティブクルコンの表示。
アダプティブクルコンの付いている車種初めて運転しましたが、高速は楽ちんです。前が詰まると減速、
前が開くと指定の速度まで加速。ライトはオートハイビーム。

最後まで慣れなかったのがシフトレバー。右ハンドルで左手がウインカーレバーなので右手でシフトです。
左ハンドルなら違和感ないけど、右ハンドルで右手シフトは慣れなかった。

よってセンターコーンソールは広いです。USBの端子もあります。アイフォンつなぐとアップルカープレイの
表示が出たのでソフトをインストールしていると使えたのかもしれません。

シートはこんな感じでスポーティです。ヘッドレスト部分の下に間接照明が入っていて、夜は高級感あります。
ただ、自分のルーテシアも同じですが後方視界は悪すぎ。サイドシルもMercedes−Benzという文字が光ってました。

走行距離は695km、使用燃料49.5L 平均燃費14km/Lでした。高速が主体だったのでもっと走るかと
思いましたが1.6Lターボ/7速DCTでこれくらいでした。タイヤサイズは205/55R16。
低速ではちょっとゴツゴツする感もあるけど、車両が300万円くらいでサイズも小さいし、高機能だし
便利な車だなあと思いました。アダプティブクルコンと7速のDCTにも感心しました。

自分で買うなら中古だなあと思って検索すると走行距離5000km未満で車両価格200万円程度で2台ヒット。
250万円なら40台くらいヒットするので割りとお得だなあと思った次第。

 

The Grand Tour


イギリスのBBCで放映されていたTopGearの3人がアマゾンでThe Grand Tourというネット番組で
自動車番組をやっているので視聴してみた。
(さらに…)

› 続きを読む